■活動内容

活動内容は、こちらをご覧ください

皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は弊会の活動にご協力を賜り心より感謝申し上げます。



 地域eモビリティ推進委員会 第13回 を以下の通り実施いたしました。
日時:2020年6月19日(金) 15時~16時半

場所:マイクロソフトTEAMS 会議

写真付きのレポートはこちらからご確認ください。


プログラム  ※なおご発表資料は会員専用サイトよりダウンロードすることができます。
         ※また後日動画データも同様にアップ予定となっております。

1.委員長 田嶋伸博(電気自動車普及協会代表理事)よりご挨拶

2.スローモビリティへの期待
      東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授
         (兼:高齢社会総合研究機構、工学部機械工学科) 鎌田実教授

3.伊豆における観光型MaaS実証と自動運転への取り組み
     東急株式会社 交通インフラ事業部 戦略企画グループ 
                             MaaS戦略担当 長束晃一様

4.超小型EVによるカーシェアリング事業「オートシェア」のご紹介
             出光興産株式会社  Next事業室 室長付 福地 竹虎様

5.副委員長 鈴木高宏(電気自動車普及協会理事)よりご挨拶


ご出席者 ※アイウエオ順
【企業・団体】
アスクル株式会社、出光興産株式会社、伊藤忠エネクス株式会社、COREiDEA、スズキ株式会社、住友電気工業株式会社、テュフ ラインランド ジャパン株式会社、東急電鉄株式会社、東洋システム株式会社、凸版印刷株式会社、パナソニック株式会社、FOURIN, Inc.、丸紅株式会社、株式会社光岡自動車、株式会社矢野経済研究所、ヤマハ発動機株式会社、リコージャパン株式会社、 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団、オーストラリア・ビクトリア州政府東京事務所、一般社団法人次世代自動車振興センター、 群馬大学、東京大学大学院 新領域創成科学研究所


【主催】 一般社団法人 電気自動車普及協会


冒頭、委員長の田嶋より、初めてのWEB開催、都道府県外への移動が可能になった歓び、今後の気候変動 対策にむけてEV/PHV/FCV普及へのご協力のお願いを申し上げました。

続いて、東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授 鎌田実先生より、「スローモビリティへの期待」のご講演をいただきました。これまでの鎌田先生の長年に渡る、各地域や利用者に合わせた超小型モビリティ・グリーンスローモビリティへの情熱とご尽力がとてもよくわかるご説明でした。その一方、個人で買って使える状況になるには、まだハードルはありますが、COVID-19の状況下では、様々な地域の特性にそった超小型モビリティ・グリーンスローモビリティは、可能性が大きいと思えるお話でした。


引き続きまして、東急株式会社 交通インフラ事業部 戦略企画グループ MaaS戦略担当 長束晃一様 より、
「伊豆における観光型MaaS実証と自動運転への取り組み」のご発表をいただきました。
シームレスで無駄のない、IoTを活用したスマートな移動、キャッシュレス、オンデマンド乗合交通、地域活性化など、非常に先進的な取り組みであり、ユーザーにとってとても便利な仕組みへの実証実験のご説明でした。

その後、出光興産株式会社  Next事業室 室長付 福地竹虎様より、「超小型EVによるカーシェアリング事業『オートシェア』のご紹介」のお話をいただきました。各地域の特性にあわせた展開、太陽光発電と組み合わせたマイクログリッド、固体電解質の開発など、素晴らしい数々のお取り組みのご説明をいただきました。

最後に副委員長 鈴木よりご挨拶をさせていただきました。
各ご発表後に行われた質疑応答も行われ、講師の方々からの丁寧なご説明もいただきました。
また同時にメールでの情報提供もいただき、WEBでの展開についてのメリットも感じた次第です。



ご発表いただきました皆様、活発な議論も展開いただきました皆様、ご参加いただきました皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。



※本会合のプログラム中で発表・紹介された資料およびご発表の動画は、
  電気自動車普及協会 会員限定サイト内にて公開いたします。
  会員以外の方でご参照されたい方は、下記の事務局お問合せ窓口までご連絡ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 「地域eモビリティ推進委員会」次回(第14回)会合のお知らせ
 マイクロソフトTEAMS 会議によるWEB開催を予定しております。
 日程は調整でき次第ご連絡いたします。
 詳細決定し次第、当会HP並びに会員情報サイトにてお知らせいたします。
 ご参加希望の方は、下記の事務局までお問い合わせくださいませ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
●トップページ  http://www.apev.jp/
●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/
●正会員(企業向け):年会費 1口10万円
 賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
 特別会員(行政機関・官公庁様向け):年会費 無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様

いつも大変お世話になっております。

おそくなりましたが、地域eモビリティ推進委員会第13回が以下の通り確定いたしましたのでご案内いたします。

テーマは「超小型モビリティ、グリーンスローモビリティ」です。最新の情報をご確認いただければと思います。今回は6月末に退職される鎌田教授の大変貴重なご講演もございます。

各自治体、業界、企業での活動紹介や、EVをはじめとする次世代自動車普及への課題解決に向けた率直な議論など、企業,自治体等の方々のより一層のご関心,ご参画を頂ければ幸いでございます。

【参加条件】 原則APEV会員(正会員、賛助会員、特別会員)、1回のみ非会員も可

【第13回実施のお知らせ】

■開催日時:2020年6月19日(金)15時~16時半

■開催場所:マイクロソフトTeamsにてWEB会議

■プログラム:
15:00~ 1)委員長からのご挨拶

15:05~ 2)スローモビリティへの期待
      東京大学 大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授
      (兼:高齢社会総合研究機構、工学部機械工学科) 鎌田実教授

15:45~ 3)伊豆における観光型Maas実証と自動運転への取り組み
      東急株式会社 交通インフラ事業部 戦略企画グループ
                               MaaS戦略担当 長束晃一様

16:05~ 4)超小型EVによるカーシェアリング事業「オートシェア」のご紹介
      出光興産株式会社  Next事業室 室長付 福地 竹虎様

16:25~ 5)ご挨拶
【お申込み、お問合せ方法】
■お申し込み方法:ご参加希望の方は、6月18日(木)12時までに下記内容を担当者宛メールか、Fax<050-3153-2686>でお送りください。
担当:荒木(araki@apev.jp)、小堀 (kohori@apev.jp)
+++++++++++++++++++
・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員
・会社・団体名 :
・ご出席代表者役職:
・ご出席代表者氏名 : 様
・同上(フリガナ): サマ
・同上Email :
・同上電話番号:
・参加者人数(合計): 人
+++++++++++++++++++
※尚、従来は会場定員の都合上、ご参加人数を「正会員・特別会員:1社・1団体あたり2名様まで、賛助会員:1名様まで」などとさせて頂いておりましたが、
今回はWeb会議のため,ご参加にあたっての接続端末数を、
正会員・特別会員:1社・1団体あたり2つまで、賛助会員:1つまでとさせていただきます。
それ以上の接続数をご希望の方は事務局<info@apev.j>までご相談ください。

※この委員会へのご参加は会員限定です。
非会員でご参加を希望される場合は、事務局へお問い合わせください。
APEVが承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。

どうぞよろしくお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
電気自動車普及協会(APEV)
事務局長 荒木恵理子
E-mail:info@apev.jp
電話  050-3375-4937
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会員の皆さま
 
地域eモビリティ推進委員会 第12回 を以下の通り実施いたしましたのでご報告いたします。
写真付きの報告書は以下からご確認くださいませ。  

日時:2020年2月5日(水) 15時~17時

場所:東京大学大学院 情報学環 福武ホール

プログラム ※ご発表資料は以下のURLからご確認いただけます

1.委員長 田嶋伸博(電気自動車普及協会代表理事)よりご挨拶 

2.「ゼロエミッション東京」の実現に向けて~令和2年度EV普及事業概要~
    東京都環境局地球環境エネルギー部ZEV推進担当課長 青山 一彦様

3.次世代自動車に係る補助金について ーCEV補助金の歴史と現在ー
    次世代自動車振興センター 次世代自動車部 次長 荻野 法一様

4.地球温暖化防止活動について
    一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 事務局次長 木場和義様

5.自治体の補助金・融資をまとめた資料について  APEV 事務局

6.委員長 田嶋伸博(電気自動車普及協会代表理事)より 

7. 初参加の皆様による自己紹介 
  ※その後、会場内で名刺交換会 等


ご出席者 ※アイウエオ順
【企業・団体】
伊藤忠エネクス株式会社、株式会社NMKV、CBC株式会社、株式会社鉄人ソフト、凸版印刷株式会社、ニチコン株式会社、日産自動車株式会社、日本たばこ産業株式会社、BMW株式会社、日野自動車株式会社、株式会社光岡自動車、株式会社ミライト、リコージャパン株式会社、株式会社REXEV、群馬大学、般社団法人次世代自動車振興センター、一般社団法人太陽光発電協会、一般社団法人地球温暖化防止全国ネット、早稲田大学 環境総合研究センター

【省庁・自治体】 東京都環境局地球環境エネルギー部

【主催】 一般社団法人 電気自動車普及協会

冒頭、委員長の田嶋より、新型コロナウィルスに関するお見舞いとともに、気候変動対策にむけてEV/PHV/FCV普及へのご協力のお願いを申し上げました。

続いて、東京都環境局地球環境エネルギー部ZEV推進担当課長 青山 一彦様より、「ゼロエミッション東京」の実現に向けて~令和2年度EV普及事業概要~」のご発表がございました。
「ZEV普及プログラム」の概要についてご説明をいただき、都がめざす2050年のGoal、2030年目標についいてZEV普及及びインフラ整備の両面からの施策についてお話いただきました。また令和2年度EV普及事業概要(予定)につきましてもご説明をいただきました。

引き続きまして、次世代自動車振興センター 次世代自動車部 次長 荻野 法一様より、次世代自動車に係る補助金について ーCEV補助金の歴史と現在ー」のご発表をいただきました。
次世代自動車振興センターのこれまでの歩みと補助金交付事業の概要についてのご説明、これまでの日本国内のHEV/BEV/PHEV保有台数の推移、NeV補助金交付台数の推移をはじめ、令和元年補正のCEV補助金や令和2年度の見込みにつきましてもお話をいただきました。

その後、一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 事務局次長 木場和義様より、「地球温暖化防止活動について」のご発表をいただきました。地球温暖化防止全国ネット及び全国地球温暖化防止活動推進センターの活動についてのご説明、地球温暖化の進行と人々の意識の推移、補助金を活用した地域での地球温暖化防止活動事例などについてのお話をいただきました。

さらに、電気自動車普及協会 事務局より、「各自治体の補助金・融資制度の資料」についてご説明をいたしました。データは会員の皆さまに共有いたしますので、せひご活用いただき、もっとこんな情報が欲しいなど具体的にお教えいただければと思います。

最後に委員長 田嶋よりご挨拶をさせていただきました。
ご発表後に行われた質疑応答も行われ、講師の方々からの丁寧なご説明もいただきました。

会場まで足をお運びいただき、ご発表いただきました皆様、活発な議論も展開いただきました皆様、
ご参加いただきました皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。

※本会合のプログラム中で発表・紹介された資料は、
電気自動車普及協会 会員限定サイト内にて公開いたします。
会員以外の方でご参照されたい方は、下記の事務局お問合せ窓口までご連絡ください。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
        「地域eモビリティ推進委員会」次回(第13回)会合のお知らせ
 2020年4月 場所:東京都内 の予定です。日程は調整でき次第ご連絡いたします。
 詳細決定し次第、当会HP並びに会員情報サイトにてお知らせいたします。
 ご参加希望の方は、下記の事務局までお問い合わせくださいませ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。
 お気軽に事務局までお問い合わせください。
●トップページ  http://www.apev.jp/
●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/

●正会員(企業向け):年会費 1口10万円
 賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円
 特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV)
 事務局  安嶋(ヤスジマ)、小堀(コホリ)

〒113-0033 文京区本郷7-3-1
東京大学 情報学環・福武ホール
TEL:050-3375-4937 FAX:050-3153-2686
E-mail: info@apev.jp
Visit our website: http://www.apev.jp/

皆様

 

いつも大変お世話になっております。

 

地域eモビリティ推進委員会第12回が以下の通り確定いたしましたのでご案内いたします。

★★★当初の告知から日程が変更になっております。ご注意くださいませ★★★

 

テーマは「補助金」です。最新の情報をご確認いただければと思います。

 

 各自治体、業界、企業での活動紹介や、EVをはじめとする次世代自動車普及への課題解決に向けた率直な議論など、企業,自治体等の方々のより一層のご関心,ご参画を頂ければ幸いでございます。

 

【参加条件】

原則APEV会員(正会員、賛助会員、特別会員)、1回のみ非会員も可

 

【第12回実施のお知らせ】

 

■開催日時:2020年2月5日(水)15時~17時

 

■開催場所:
   東京都文京区本郷7丁目3−1
   東京大学 情報学環 ・福武ホールB2 ラーニングスタジオ

 

■プログラム:

1)委員長からのご挨拶

 
2)「ゼロエミッション東京」の実現に向けて~令和2年度EV普及事業概要~

東京都環境局地球環境エネルギー部ZEV推進担当課長 青山 一彦様
 

3)次世代自動車に係る補助金について(仮題)

次世代自動車振興センター 次世代自動車部 次長 荻野 法一様
   

4)地球温暖化防止活動について

一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 事務局次長 木場 和義様


5)調整中



 

【お申込み、お問合せ方法】

■お申し込み方法:ご参加希望の方は、2020年1月31日(金)17時までに下記内容を担当者宛メールか、

Fax<050-3153-2686>でお送りください。

担当:荒木(araki@apev.jp)、小堀 (kohori@apev.jp)

+++++++++++++++++++

・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員

・会社・団体名 :

・ご出席代表者役職:

・ご出席代表者氏名 : 様

・同上(フリガナ): サマ

・同上Email :

・同上電話番号:

・参加者人数(合計): 人

+++++++++++++++++++

※ただし、定員に達し次第〆切らせていただく場合があります

※尚、会場定員の都合上、ご参加を下記のようにさせていただきます

・正会員、特別会員:一社・一団体あたり 2名さままで、3名さま以上ご参加ご希望の方は事務局

 <info@apev.jp>までご相談ください

・賛助会員は1名さま

 

※この委員会へのご参加は会員限定です。

非会員でご参加を希望される場合は、事務局へお問い合わせください。

APEVが承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電気自動車普及協会(APEV)

事務局長 荒木恵理子

E-mail: info@apev.jp

電話  080-6813-9108

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<会員・報道機関各位>

 

地域eモビリティ推進委員会 第11回 を以下の通り実施いたしました。 

 

●日時:2019年11月11日(月) 15時~17時

 

●場所:ビジョンセンター神田 2F203会議室

 

●地域eモビリティ推進委員会 第10回会合のレポート(写真付き)はこちら 


 

 

●プログラム  

※なおご発表資料は一部を除き会員限定サイトにてダウンロードすることができます。

 

1.委員長 田嶋伸博(電気自動車普及協会代表理事)よりご挨拶 



2.自動車産業を巡る状況と電動化政策の方向性

     経産産業省 製造産業局 自動車課 戦略企画室 係長 佐藤乃利子様

 

3.電気自動車等の普及施策について

     国土交通省 松川尚生専門官様

 

4.「EV×未来社会創造ワークショップ第一回開催報告」のご報告

     一般社団法人 電気自動車普及協会 鈴木高宏理事

 

5.電気自動車(EV)用DC充電規格 CHAdeMO規格の技術動向と展望

     CHAdeMO協議会 事務局長 吉田 誠様

 

6.委員長 田嶋伸博(電気自動車普及協会代表理事)より 

 

7. 初参加の皆様による自己紹介   

※その後、会場内で名刺交換会を行いました。

 

ご出席者 ※アイウエオ順、敬称略

【企業・団体】

株式会社IHI

伊藤忠エネクス株式会社

株式会社エクセディ

有限会社エムコ

CBC株式会社

JFEテクノス株式会社

株式会社数理計画

住友化学株式会社

西華産業株式会社

大日本印刷株式会社

株式会社鉄人ソフト

CHAdeMO協議会

東洋システム株式会社

凸版印刷株式会社

ニチコン株式会社

日産自動車株式会社

日本特殊陶業株式会社

日野自動車株式会社

丸紅株式会社

三井不動産株式会社、

株式会社水上パーツ商会

株式会社光岡自動車

株式会社矢野経済研究所

リコージャパン株式会社

株式会社ワイヤレスクレフ

群馬大学

一般社団法人次世代自動車振興センター

株式会社新農林社

早稲田大学 環境総合研究センター

 

【省庁・自治体】 国土交通省 自動車局環境政策課

           経済産業省 製造局自動車課 戦略機会室

 

【主催】 一般社団法人 電気自動車普及協会

 

冒頭、委員長の田嶋より、豪雨災害のお見舞いとともに、気候変動対策にむけてEV/PHV/FCV普及へのご協力のお願いと、10月27日開催の東京モーターショーで開催の国際学生EVデザインコンテスト&シンポジウムへのご来場のお礼を申し上げました。

 

続いて、経産産業省 製造産業局 自動車課 戦略企画室 係長 佐藤乃利子様より、「自動車産業を巡る状況と電動化政策の方向性」のご発表がございました。

CASEの潮流、現在の課題、次世代自動車普及目標と現状、今後の取り組みの方向性についてのお話をいただきました。

 

引き続きまして、国土交通省 松川尚生専門官様より、「電気自動車等の普及施策について」のご発表をいただきました。

背景(CO2排出量や大気汚染)、電気自動車等の普及施策、超小型モビリティについてのお話をいただきました。

 

その後、APEVが主催しました「EV×未来社会創造ワークショップ第一回開催報告」について、鈴木理事よりご報告いたしました。企画・開催の経緯、EV教育におけるポイント、第一回ワークショップを通じたモデル構築、プログラム構成、実施報告についてご説明いただきました。若い世代へのEV理解促進への活動も行っております。

 

さらに、CHAdeMO協議会 事務局長 吉田 誠様より、「電気自動車(EV)用DC充電規格 CHAdeMO規格の技術動向と展望」についてご発表いただきました。

充電設置の現状、中国との協業、エネルギーデバイスとしてのEV、動く蓄電池としてなどのお話をいただきました。

 

最後に委員長 田嶋よりご挨拶をさせていただきました。

ご発表後に行われた質疑応答も活発に行われ、講師の方々からの丁寧なご説明もいただきました。

会場まで足をお運びいただき、ご発表いただきました皆様、活発な議論も展開いただきました皆様、

ご参加いただきました皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。

 

※本会合のプログラム中で発表・紹介された資料は、

電気自動車普及協会 会員限定サイト内にて公開いたします。

会員以外の方でご参照されたい方は、下記の事務局お問合せ窓口までご連絡ください。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

        「地域eモビリティ推進委員会」次回(第12回)会合のお知らせ

 2020年1月  場所:東京都内 の予定です。日程は調整でき次第ご連絡いたします。

 詳細決定し次第、当会HP並びに会員情報サイトにてお知らせいたします。

 ご参加希望の方は、下記の事務局までお問い合わせくださいませ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

※一般社団法人 電気自動車普及協会では、引き続き会員を募集しております。

 お気軽に事務局までお問い合わせください。

●トップページ  http://www.apev.jp/

●入会ご案内ページ http://www.apev.jp/entry/

 

●正会員(企業向け):年会費 1口10万円

 賛助会員(個人向け):年会費 1口1万円

 特別会員(行政機関・官公庁・マスコミ関係者様向け):年会費 無料

 

◆本件に関するお問い合わせ先

 

一般社団法人 電気自動車普及協会 (APEV)

 事務局  安嶋(ヤスジマ)、小堀(コホリ)

 

〒113-0033 文京区本郷7-3-1

東京大学 情報学環・福武ホール

TEL:050-3375-4937 FAX:050-3153-2686

E-mail: info@apev.jp

Visit our website: http://www.apev.jp/