大分県 様

http://www.pref.oita.jp/

にご参加いただくことになりました。

 

http://www.apev.jp/news/member.html#navi02

四国EVラリーが開催されます

関係各位

 皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

本年もAPEVが後援します四国EVラリーが開催されます。

以下に事務局からの案内を転載しますので、ご参加・ご後援をよろしくお願い申し上げます。

         「記」

 本大会は、環境にやさしい電気自動車(EV)の普及啓発、実用走行と効率的な充電、走行の安全性の追求を目指すと共に、エコ交通システムの普及を市民に呼びかける事を目的とし、そして、未来の自動車産業の担い手となる学生たちのものづくり育成の場として、年に一度開催され、今年で20回目を迎えます。本年は、より多くの方にご参加頂き、「四国EVラリー20周年記念大会」にふさわしい大会にしたいと思っております。
 昨年は、これまでの主な開催場所の四国を久し振りに離れ 四国に入る東の玄関口である淡路島で開催しましたが、本年も地元淡路島の皆さまの強い要望にお応えし淡路市で開催いたします。


             ― 告 知 ―

開催時期: 2017年8月26日(土)・27日(日)

開催場所: 淡路市 市役所駐車場特設会場

開催地住所: 兵庫県淡路市生穂新島8番地

募集車両: 
◎コンバートEVクラス: 4輪・2輪(3輪)・ミニカー(レンタカーOK) 
◎市販EVクラス: 4輪・2輪・ミニカー・FCV・PHV

主催:四国EVラリー2017実行委員会  共催:四国EVチャレンジ委員会

参加申込受付期間:7月10日~8月10日

詳細や申込方法は■ 四国EVラリー2017 公式ホームページ ■を参照ください。


★お問い合わせ先:
四国EVラリー事務局
〒547-0031 大阪市平野区平野南1-8-11  株式会社TGMY内
TEL: 06-4302-3367 
担当: 芦田 隆
 会員、報道機関 各位

 いつも大変お世話になっております。電気自動車普及協会(APEV)事務局の田中です。

弊会では、下記のとおり今年度より新たに立ち上げた「地域eモビリティ推進委員会」の第1回会合を行いましたので、ご報告します。

       - 記  -

【日 時】 2017年7月6日(木)13:30~15:30
【会 場】 東京都庁内会議室
【プログラム】
1) 地域eモビリティ推進委員会委員長 田嶋より挨拶

2) 地域eモビリティ推進委員会副委員長 鈴木より:委員会開催目的などに関する説明

3) 東京都総務局行政部振興調整担当課長 大野様よりご挨拶

4) 会員団体・企業によるプレゼンテーション 

①公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団 交通環境対策本部 担当課長 熊井様
「地域内や観光地における電動小型低速車の活用」
②光岡自動車 砂田様
「光岡自動車 ~ Like-T3 小さなモビリティの活用事例」
③住友三井オートサービス ソリューション開発兼 EV 環境推進室部長付 高橋様
「グリーンリーフプログラム ~次世代車両の有効活用へ~」

5) 地域eモビリティ推進委員会副委員長 鈴木よりプレゼンテーション
「離島など地域における EV 普及実証事業事例の紹介」
 
6) 参加者による自己紹介

*当日の発表資料については、会員限定SNSよりダウンロードしていただけます。
 (会員以外の方で資料をご参照されたい方は、下記の事務局へお問合せください)

【ご出席者】*アイウエオ順
<会員企業・団体> 公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団、有限会社 織戸自動車整備工場、KCCSモバイルエンジニアリング株式会社、株式会社JTBコーポレートセールス、スズキ株式会社、住友三井オートサービス株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社 水上パーツ商会、株式会社 光岡自動車、山形県東京事務所、ヤマハ発動機株式会社、賛助会員(個人会員)1名、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(オブザーバー)
<省庁> 国土交通省 自動車局 環境政策課
<東京都> 総務局行政部振興企画課、環境局環境改善部自動車環境課
<主催>一般社団法人 電気自動車普及協会  

 冒頭、委員長の田嶋より「多種多様なEV車両が出現する昨今、よりよい活用に向け多くのご意見を取り入れ、地域eモビリティの普及につなげたい」という挨拶があり、続いて、副委員長の鈴木より「この委員会で議論・検討し、次世代に繋がる確実なモデルづくりを行いたい」との委員会開催の主旨説明を行いました。
 また、東京都総務局行政部振興調整担当課長の大野様より「島しょ地域でEVが普及するよう事業を検討していきたいので、皆様のご協力をお願いしたい。」とのお言葉を頂きました。

 引き続き行われた、会員企業・団体からのプレゼンテーションでは、参加社が熱心に聞き入り、活発な質疑や意見交換がありました。
 またこれらに対し、副委員長の鈴木から、長崎県五島列島や、韓国済州島などで行われたEV普及事業についての事例も交えプレゼンテーションしたうえで、「目的を明確にし、地域に合わせた体制で、委員会メンバーである国、自治体、企業が一体となり地域eモビリティを推進していくこと」について語られました。

 最後に、委員長の田嶋が引き続き幅広い領域の企業・団体からのご参画を頂けるよう呼びかけがありました。

 当日は外の気温が摂氏30度を超えるような暑さのなか、会場に足をお運びくださり、活発な議論にご参加くださった皆様に御礼を申し上げます。また会場をご提供くださり、当日の運営にご協力くださいました東京都庁の皆様方にもこの場を借りて心より御礼申し上げます。

■なお、「地域eモビリティ推進委員会」第2回会合日程が決まりました。
  2017年9月8日(金)14:00~ 場所:東京都庁 の予定です。

 ご参加ご希望の方は下記の事務局までお問合せください。   
           
本件に関するお問い合わせ先:
一般社団法人電気自動車普及協会 (Association for the Promotion of Electric Vehicles:APEV)  
    事務局 安嶋(ヤスジマ)・小堀(コホリ) 
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1東京大学 情報学環 ・福武ホール
TEL:050-3736-8325  FAX:050-3153-2686 メールアドレス:info@apev.jp  Website:www.apev.jp 

写真付き当日のレポートはこちらからご覧いただけます

会員・報道機関各位

 既にお知らせしております通り、一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)では「国際学生EVデザインコンテスト2017」を開催しております。
 先日第1次審査を通過した16校23チームの中から、8校10チームが一堂に会してワークショップ1を行いましたので、ご報告いたします。

◎参加学校:産業技術大学院大学、千葉大学、千葉大学大学院、千葉工業大学、
 東京コミュニケーションアート専門学校、名古屋市立大学、日本工学院八王子
 専門学校、HAL名古屋
◎日時:2017年7月1日(土)10時~18時
◎場所:東京都渋谷区 café 1886 at Bosch
◎講師:山下 敏男(APEV理事、当デザインコンテスト実行委員長)
     喜屋武(キャン) タケル(Nori, inc.取締役デザインディレクター)
◎内容:
 午前中はまず、参加学生チームから1次審査提出作品について各チーム3分ずつ、自分の言葉で作品の狙いなどを説明するという時間が設けられました。これに対し、講師や協賛企業の代表の方々がコメントをしましたが、山下実行委員長からは、「全体を通じて、こうしたワークショップの機会を活かしてコンセプトの内容とデザインの必要性についての理解をさらに深めてもらいたい」という期待が述べられました。

 午後は講師から、デザインのアイデアを具現化する方法、乗員の着座姿勢に着目した車両パッケージング、スケッチの書き方のレクチャーがありました。その後、チームごとに分かれて、さらにデザインやコンセプトを練っていく時間が設けられ、その間、講師や協賛企業の方々が各チームをまわり、個別の相談に応じました。

 最後に山下実行委員長が、「この後も、2次審査に向けて各チームが切磋琢磨して作品のレベルを上げてもらい、2次審査後のワークショップ2でお会いできるよう、期待しています」との激励の言葉で締めくくりました。

 この模様は主催者側でビデオ録画し、当日参加できなかった学生、協賛企業、後援団体、APEV会員等にも見てもらえるように、追ってコンテスト参加者と協賛・後援・APEV会員等に日本語と英語で配信します。

 当日の会場をご提供いただき、ワークショップとその後の懇親会をご支援くださったボッシュ株式会社に、心より御礼申し上げます。また、土曜日の中をご参加くださり、学生へのご指導と応援メッセージをくださった下記ご協賛企業の代表の皆様も、誠に有難うございました。
 
 カーデザインアカデミー、(株)トゥールズインターナショナル、丸紅情報システムズ(株)、三菱ケミカル(株)、ヤマハ発動機(株)、ルネサス エレクトロニクス(株) (50音順・敬称略)
 
★写真付きの詳細報告書はこちらをご覧ください。
http://www.apev.jp/news/APEV-PressRelease20170710.pdf

★お問合せ:一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)内
EVデザインコンテスト事務局長 安嶋 言一郎
〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1 東京大学情報学環・福武ホール
TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
E-mail:contest@apev.jp  Website :http://www.apev.jp/contest/ 
会員各位
 
いつも大変お世話になっております。電気自動車普及協会事務局の田中です。

先日お知らせしました、当会が今年度より新たに立ち上げる
「地域eモビリティ推進委員会」の第1回会合ですが、昨日
ご参加お申込みを〆切とさせていただきました。
お忙しい中、たくさんの方にお申し込みを頂戴しまして有難うございました。

*ご参加お申込みを頂きましたかたには、折り返し
会場のご案内をお送りいたしましたが、万が一届いていない方がいらっしゃいま
したら、event@apev.jpまでお問合せください。

どうぞよろしくお願いいたします。
会員各位
いつも大変お世話になっております。電気自動車普及協会(APEV)事務局の田中です。

過日、弊会の講演会内でお知らせしましたとおり、
下記のように【地域eモビリティ推進委員会】第1回会合を開催いたします。

こちらは、3年後に開催を控えている「東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催へ向けての周辺事業」として、開催機運を高め日本のモビリティ技術・サービスをPRするための"盛り上げイベント"を会員とともに行っていくことを目的とする委員会です。
まずは、「島しょ部でのEV普及事業」ならびに「次世代モビリティ・アンバサダー育成事業」などを行っていく計画です。

*【地域eモビリティ推進委員会】事業案は
 こちらからご参照いただけます

========================================

「地域eモビリティ推進委員会」第1回会合
 
【日時】2017年7月6日(木)13:30-15:30 
【場所】東京都庁 (東京都新宿区)
   *集合場所等は改めてご参加頂く方々へ直接お知らせします 
【会合内容】
 ・委員長 田嶋伸博(電気自動車普及協会代表理事)からのご挨拶
 ・東京都 総務局 行政部課長 大野様からのご挨拶 
 ・EV普及事業に取り組む会員企業、研究機関の皆様(2~3団体)によるプレゼンテーション
 ・今後の進め方等についてのディスカッション
 *詳細については現在調整中です。決定し次第改めてお知らせします

【お申込み、お問合せ方法】
■お申し込み方法:
ご参加希望の方は、6月30日(金)17時までに、<event@apev.jp>宛てに下記内容をメールか、Fax<050-3153-2686>でお送りください。
+++++++++++++++++++
・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員
・会社・団体名 :
・ご出席代表者役職:
・ご出席代表者氏名 : 様
・同上(フリガナ): サマ
・同上Email :
・同上電話番号:
・参加者人数(合計): 人
+++++++++++++++++++
※ただし、定員に達し次第〆切らせていただく場合があります
※尚、会場定員の都合上、ご参加を下記のようにさせていただきます
・正会員、特別会員 一社・一団体あたり 2名さままで、
 3名さま以上ご参加ご希望の方は事務局 <info@apev.jp>までご相談ください
・賛助会員は1名さま
※この委員会へのご参加は会員限定です。
非会員でご参加を希望される場合は、event@apev.jpへお問い合わせください。
APEVが承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。
                          以 上


本件に関するお問い合わせ先:

一般社団法人電気自動車普及協会
 (Association for the Promotion of Electric Vehicles:APEV)
地域eモビリティ推進委員会 事務局長 田中
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 情報学環 ・福武ホール
TEL:050-3486-7758 FAX:050-3153-2686 
メールアドレス:info@apev.jp Website:www.apev.jp
平素大変お世話になっております。電気自動車普及協会事務局の田中です。

弊会では下記の通り、定時社員総会と講演会を行いましたので、ご報告します。

*写真付きレポートは
 こちらよりご覧いただけます


           - 記 -

【 日 時 】 6月9日(金) 
      定時社員総会 13:00~13:30
       講演会 13:40~15:30

【 会 場 】 新宿三井ビルディング 29階 (東京都新宿区)

■定時社員総会
...こちらでは、前期(2016年4月1日~2017年3月31日まで)の決算書類について、また今期(2017年4月1日~2018年3月31日まで)の事業計画及び収支予算案についてご承認を頂きました。
  また、前期末で福武總一郎名誉会長が理事職を退任(名誉会長職は引き続き在任)、新たに椎木衛事務局長が理事として選任されました。

■講演会プログラム
*なお、講演会での各講師の発表資料につきましては、
 会員限定サイト http://www.apev.jp/sns/ にて
 公開しております。会員以外の方でご覧になりたいかたは、
 APEV事務局までお問い合わせください。

13:40~13:45 
電気自動車普及協会ご挨拶 名誉会長 福武 總一郎

13:45~14:25 
「国土交通省における電気自動車普及促進策
 及び超小型モビリティ勉強会の概要」
講師:国土交通省 自動車局 環境政策課長 西本 俊幸様

14:25~15:05 
「進化する自動車の未来を考えるルネサスが描く次世代自動車技術」
 講師:ルネサスエレクトロニクス株式会社
   第一ソリューション事業本部技師長
   兼CTO 室技師長 板垣 克彦様

15:05~15:20 「電動バスで変わる都市生活」
 講師:東京都市大学 都市生活学部 都市生活学 
   准教授 西山 敏樹様

15:20~15:30 APEV からのお知らせ
*新委員会「地域eモビリティ推進委員会」の発足など
  
   委員会概要事業案の資料はこちらからご覧いただけます

===============
本件に関するお問い合わせ先:

一般社団法人電気自動車普及協会
 (Association for the Promotion of Electric Vehicles:APEV)
 事務局 安嶋(ヤスジマ)
 TEL:050-3736-8325
 メールアドレス:info@apev.jp 
 Website:www.apev.jp 
================

【ご報告】環境省エコライフ・フェア2017

 会員各位
 
 いつも大変お世話になっております。電気自動車普及協会(APEV)事務局の田中です。

 弊会では、2017年6月3日(土)・4日(日)に開催されました、「エコライフ・フェア2017@代々木公園」に出展協力をいたしましたので、下記のとおりご報告します。

 エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に全国各地で展開される様々な行事の中の主たる行事の一つとして、1990年以来、環境省、関係地方公共団体、関連法人、団体、企業、NGO 等が連携し、環境保全全般にわたる普及啓発活動を実施しているものです。

        -  記  -

【 日 時 】 6月3日(土) 11:00~17:00、6月4日(日) 10:00~17:00
【 会 場 】 都立代々木公園(ケヤキ並木・イベント広場)

 
   
 今年は、APEVからは環境省「水・大気環境局 自動車環境対策課ブース」にて、ポスターを展示させていただき活動概要を紹介したほか、会員社のベネッセより、子どもたちに大人気のEV「しまじろうカー」の展示、ならびにお子さまからの「環境にいいこと宣言」を募集するコーナーが設けられました。

 心配された雨も降らず、2日間とも好天に恵まれ、当ブースには、たくさんのご家族連れやかつて「こどもちゃれんじ」を受講されていた世代の方々にお立ち寄りいただきました。

 またお子様たちからの力強い「環境にいいこと宣言」を多数書き込みをいただき、ベネッセが用意していた700枚あまりの宣言用シールは2日目後半にはすっかりなくなってしまいました。

 こうした場をご提供くださいました環境省の皆様、また当日の運営にご協力くださいましたスタッフの皆様方にもこの場を借りて心より御礼申し上げます。

                           - 以 上 -

*写真付きの当日のレポートはこちらからご参照ください

報道機関各位

 既にお知らせしております通り、一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)では「国際学生EVデザインコンテスト2017」を開催しております。
先日第1次審査が行われ、34校96チームという多数の応募作品の中から、16校23チームが決定しましたので発表致します。 

 今回も力作揃いで選考は困難を極めましたが、審査の結果、日本から9校12チーム、海外は8ヶ国から7校11チーム(国別では2校2チーム:中国、1校2チーム:イタリア、インド、1校1チーム:フィリピン、チュニジア、ウガンダ、英国、台湾)が通過しました。

 1次審査を通過したチームの学生さんには、この後ワークショップ1に参加する権利が与えられ、2次審査へ向けて作品のブラッシュアップに励んで頂くことになります。
ぜひ会員・報道機関の皆様にも、この秋の東京モーターショーでの作品発表と最終審査発表を楽しみにお待ちいただければと思います。

★詳細はこちらの1次審査通過チームリストをご参照ください。

★お問合せ:一般社団法人電気自動車普及協会(APEV)内
EVデザインコンテスト事務局長 安嶋 言一郎
〒113-0033東京都文京区本郷7-3-1 東京大学情報学環・福武ホール
TEL:050-3736-8325     FAX:050-3153-2686
E-mail:contest@apev.jp  Website :http://www.apev.jp/contest/ 

【お知らせ】6月9日(金)APEV講演会開催

 会員、報道機関 各位

いつも大変お世話になっております。電気自動車普及協会事務局の田中です。

このたび、電気自動車普及協会では定時総会の開催に合わせまして、下記の概要で講演会を実施することとなりました。

 国土交通省様からは、昨年12月から行われている超小型モビリティの将来のあり方等を議論する有識者会合「地域と共生する超小型モビリティ勉強会」等についてのご講演をいただき、また、ルネサスエレクトロニクス様からは「自動運転等の次世代自動車技術」についてお話をいただきます。
 さらに、東京都市⼤学准教授 ⻄⼭先生からは「電動バスで変わる都市⽣活」と題したご講演をいただくほか、弊会が今年度発足する「地域eモビリティ推進委員会」についての発表もさせていただきます。
 また、今回は、弊会の名誉会長福武總一郎が、会長の横川浩、代表理事の田嶋伸博と共に出席いたします。

 大変ご多忙の時期とは存じますが、ぜひ多くの方々に足をお運び頂きたく、ご案内いたします。

 お席には現在若干の余裕がございますが、会場の都合上、定員に達しました際には〆切とさせていただく場合がありますことを、あらかじめご了承ください。

会場にて皆様とお目にかかれますことを、理事・事務局一同楽しみにしております。

          - 記 -

■日時:平成29年6月9日(金)13:40~15:30
 ※受付開始は13:30とさせていただきます。大変恐縮ですが、
 定時総会終了(13:30予定)までご入場をお待ちいただく場合が
 あります。何卒ご了承下さい。

■場所:新宿三井ビルディング 29階中会議室 
 〒163-0410 東京都新宿区西新宿2-1-1

■プログラム:
13:40~13:45
 電気自動車普及協会ご挨拶 会長 横川浩

13:45~14:25 
「国土交通省における電気自動車普及促進策及び超小型モビリティ勉強会の概要」
...国土交通省 自動車局 環境政策課長 西本俊幸様

14:25~15:05 
「進化する自動車の未来を考えるルネサスが描く次世代自動車技術」
...ルネサスエレクトロニクス株式会社
 第一ソリューション事業本部技師長 
 兼CTO室技師長 板垣克彦様

15:05~15:20 「電動バスで変わる都市⽣活」
...東京都市⼤学都市⽣活学部 都市⽣活学 准教授 ⻄⼭敏樹様

15:20~15:30 APEVからのお知らせ
 新委員会「地域eモビリティ推進委員会」の発足など

■お申し込み方法:
ご参加希望の方は、6月8日(木)17時までに、
<event@apev.jp>宛てに下記内容をメールか、Fax<050-3153-2686>でお送りください。
+++++++++++++++++++
・会員区分 :正会員、賛助会員、特別会員、非会員
・会社・団体名 :
・ご出席代表者役職:
・ご出席代表者氏名 : 様
・同上(フリガナ): サマ
・同上Email :
・同上電話番号:
・参加者人数(合計): 人
+++++++++++++++++++
※ただし、定員に達し次第〆切らせていただく場合があります

※尚、会場定員の都合上、ご参加を下記のようにさせて頂きます

・正会員 一社・一団体あたり 2名さままで、
 3名さま以上ご参加ご希望の方は事務局 <info@apev.jp>まで
 ご相談ください
・賛助会員は1名さま
※この講演会へのご参加は会員限定です。
非会員でご参加を希望される場合は、event@apev.jpへお問い合わせ下さい。
APEVが承認した場合、初回に限りオブザーバーとしてご参加いただけます。

※ご参加にあたり、名刺のご用意をお願いいたします。

本件の情報はこちらのPDFからもご覧頂けます。


                 - 以 上 -