協会について

設立のお知らせとご賛同のお願い

 「未来の子どもたちのために、美しい地球を残したい」この一念から、私達電気自動車普及協会の前身、電気自動車普及協議会は、2010年6月29日電気自動車の普及を促進するために設立されました。

 私たちの子ども、孫、その先の子どもたちの世代が、豊かな自然環境の下で健やかに暮らし続けていくことができるように、次世代に責任をもつ私たちが今こそ、そして継続的に行動を起こしていかなければなりません。

 日本の自動車産業界では、1997年12月に発売されたハイブリッド車プリウスの登場により次世代環境型自動車時代が幕を開け、そして、三菱i-MiEV、日産LEAFなどの電気自動車も世界のトップを切って量産化が始まりました。さらには燃料電池車の本格普及も始まろうとしています。

 地球環境の保全と持続可能な社会の実現を目指し、産官学の様々な立場の皆さんが連携して、一刻も早く世界中で電気自動車がスタンダードカーとなる社会の実現を目指します。ぜひ、多くの皆様のご賛同を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

名誉会長:福武 總一郎(理事)
(株式会社ベネッセホールディングス 名誉顧問)
会長:横川 浩(理事)
(日本陸上競技連盟会長)
代表理事:田嶋 伸博
(株式会社タジマモーターコーポレーション 代表取締役会長)
理事:
有馬 仁志
(有馬マネジメントデザイン株式会社 代表取締役社長、
横浜スマートコミュニティ 代表)
草加 浩平
(東京大学大学院 工学系研究科 特任教授)
佐藤 員暢
(公益財団法人えひめ産業振興財団EV推進協会会長兼EVアドバイザー、 愛媛大学客員教授、徳島工業短期大学客員教授)
鈴木 高宏
(東北大学 未来科学技術共同研究センター(NICHe) 教授)
藤原 洋
(株式会社ブロードバンドタワー 代表取締役会長兼社長CEO)
山下 敏男
(INTERROBANG DESIGN 株式会社代表、首都大学東京客員教授)

(50音順)

私達の目指すもの

 地球は急激に温暖化し、世界各地で異常気象による災害が頻発しています。また、温暖化は、動植物の生態系をも変化させ、生物の多様性が失われて始めています。中国、インド、ロシア、ブラジル等の成長国の発展は、新たな世界経済を牽引していくことでは歓迎すべきことですが、内燃機関自動車の急速な市場拡大によって、石油をはじめとする化石燃料の大量消費による地球環境の破壊とエネルギー資源の枯渇という問題を引き起こしつつあります。これらの問題を解決するために、環境エネルギー革命の推進による新産業創出が求められています。このような背景の下、低炭素社会を早期に実現し、未来の子ども達に美しい地球を残すため、ハイブリッド車(HV),電気自動車(EV)、燃料電池車(PCV)といった次世代環境型自動車の普及促進、啓蒙活動、またこれらの自動車がもたらす新しい未来環境を提言、整備することを目的として、下記役員構成とする電気自動車普及協会を発足しました。

 本協議会ではEV関連の事業や研究、普及活動を行う事業者、研究機関、各種団体をネットワークでつなぐことによって情報の共有を図り、現在個々に行われている既存ガソリン車の電動化活動等を支援するとともに、既存および新規自動車メーカーのEV事業への参入を促進します。また、電気自動車の広報宣伝や政策提言を行うことによって、電気自動車の社会基盤整備に努めてまいります。

なぜ、「電気自動車普及協会」設立なのか?

未来の地球環境のために早期に連帯し、発信力・実行力・成果最大の成果を上げていく必要性

電気自動車普及協会のビジョン

未来の子どもたちに、美しい地球を残すために

このページのトップへ

入会について

電気自動車の事業化をお考えの法人様、電気自動車業界を支援したい個人の方、ぜひご参加ください。
会員特典として、ご入会いただいた正会員様は3名まで、賛助会員様は1名がメンバーサイトにログインして国内外のEV情報がご覧いただけます。入会方法はこちら

会員ログインはこちら

2013-2014 活動報告 ダウンロード(日本語版)

EVコンバージョン ガイドライン ダウンロード(日本語版)

EV 超小型モビリティデザインコンテスト

DRIVE ELECTRIC

TEAM APEV