■カリフォルニア、自動運転車の公道試験認可「デリバリー用」にも【US】

■LSパワー、米充電サービス最大手のEVゴーを買収【US】

■クオモNY州知事、電動自転車・電動キックボードの合法化法案を拒否【US】

■フォルクスワーゲン、新型EVシリーズの名前は「GTX」に決定【DE】

■フォルクスワーゲンが駐車場でEVのバッテリー充電作業をしてくれるロボットを開発!【DE】

■公道で初の人を乗せた自動運転車の走行試験 中国・北京【CN】

■持続可能なクルマ社会へ、自動運転の導入に向けたさまざまな取り組み【SG】

■トルコ「国産EV」をお披露目 政府主導で生産へ【TR】

■タタ自、ティゴールEVを地場配車に供給【IN】

■EV充電所、2600カ所に政府の補助金【IN】

■盟友テスラからも見放され...パナソニック、世界最高技術の車載用電池、事実上譲渡の窮状【JP】

■日産リーフがマイナーチェンジ、プロパイロットやコネクテッド機能を強化【JP】

■トヨタ、自動運転「レクサス」今秋発売 高速道路で合流、追い越し【JP】

■日産の新型EV「アリヤ コンセプト」、市販型でデザインが大幅変更の可能性!?【JP】

◆ついに日本で走り出す、"自動運転レベル3"搭載車にできることとは!?

◆「免許返納」に反発する高齢者たち「絶対に返さない」「生きていけない」...家族は葛藤

◆グリスロ「金額次第」半数 宮崎市利用者アンケート

◆2020年、トヨタが2人乗りモデル販売! 法改正が進む中「超小型EV」が"それでも"普及しないワケ

◆テスラ分解、強さの源泉 統合ECUの衝撃

◆謎多きAppleの自動運転事業、2020年は「台風の目」となるのか

◆車部品業界の再編加速=自動運転・EVで競争激化

◆クルマ大再編、3度目へ走る(ニュースクリップ2019)

◆制限速度を守る「自動運転車」が危険?現代のクルマに合った法改正は必須

◆高齢の人もスイスイ移動!日本でも広がるか?街中電動キックボード

◆「自動運転をオープンソース化」するAptivと現代自動車の試み

◆911のEV化? タイカンの次世代911化? VWグループの出口戦略、手探り

◆EVの市販スポーツカーが増えないワケ

●小型バス公道で自動運転 岐阜市が新年度に実証実験【JP】
■NYのイエローキャブにTesla「Model 3」が初EVとして採用【US】

■デリーのEV政策発表、業界が歓迎【IN】

■商用EVで先陣争い、仏ヴァレオが軽EV開発【JP】【FR】

■大分市の循環バス実験 全6地区で採算性なし【JP】

■WHILL、国内外の5つの空港で自動運転パーソナルモビリティの実証実験を実施【JP】

■IHI運搬、国内初のGPS非使用の自動運転による駐車技術を確立。駐車場設備のオプションとして展開【JP】

■トヨタ『e-4me』、移動中に趣味に没頭できる自動運転EV【JP】

◆全固体電池で1000キロ走るEV 安全で大容量

◆2020年記者予想 自動車業界の注目は米中加えた新たな「CASE」

●エンタメに観光MaaS...愛知県、自動運転の多様な活用法を実験で模索【JP】
■ポルシェ初のEVスポーツカー「タイカン」!他メーカーが諦めていた2速変速機を採用【JP】

■中国系の自動運転トラック、米大陸横断に成功【CN】

■EVや電動二輪の型式認証、66モデルが合格【ID】

■EV充電料金時の事業者独自指標、計量法に抵触せず/経産省【JP】

■日産リーフがマイナーチェンジ、プロパイロットやコネクテッド機能を強化【JP】

■EV電池の劣化一目で判断【JP】

■トヨタ『e-Chargeair』、充電サービス提供に特化したEV...CES 2020に出展へ【JP】

■高齢者向け一人乗り自動運転車いす 「年を取っても外を自由に動ける仕組みを作りたい」【JP】

◆逆風EV、エンジンとの決戦は新局面

●EVバス用蓄電池の循環モデル構築へ 20年春から実証実験【JP】

●神姫バス、地域に合わせ自動運転実証【JP】
■米カリフォルニア州、自動運転デリバリー車の試験走行を許可【US】

■BMW i3、定員2名の「アーバンスイート」提案...CES 2020で発表へ【DE】

■北京市が自動運転車テスト規則策定、人・貨物乗せた走行認める【CN】

■中古EV電池、中国で争奪戦 丸紅や伊藤忠など【JP】【CN】

■自動運転レベル3、20年に公道へ 国交省が保安基準【JP】

■高齢者向け...時速6キロで走行 新型"ロボカー"【JP】

◆【なぜ世界的に統一されない?】ユーザーメリットを損なうのにEVの充電ソケットが多数存在するワケ

■米EVのリヴィアン、1400億円調達 アマゾンなど出資【US】

■新興EVの愛馳汽車、量産1号モデルを発売【CN】

■中国の電動二輪ダオ、間もなくインド進出【CN】【IN】

■現代自のEV電池、SKから50万台分調達【KR】

■日産リーフがマイナーチェンジ、プロパイロットやコネクテッド機能を強化【JP】

■日産と羽咋市が災害連携協定 電気自動車を活用 停電時に給電【JP】
■モデル3のインバーター、量産車初のSiC本格採用 念には念の冷却機構【US】

■ZF、マイクロソフトと提携...モビリティサービスのプロバイダーに【DE】【US】

■タタ自がEV版「ネクソン」発表、1月発売【IN】

■LG化学、中国BYDを抜いて世界電気車バッテリー市場で3位に浮上【KR】

■百度アポロ、次世代のスマート交通ソリューションを発表【CN】

■ヤマハ発、電動四輪・二輪向けモーター外販へ【JP】

■レベル3解禁で開発加速へ【JP】

■光岡自動車の三輪EV 東京都が災害時対応で採用【JP】

■トヨタ、パナ電池会社が4月稼働 社長はトヨタ好田氏【JP】

■JXTG、中国BYDと協業 蓄電池再利用など【JP】

■先端技術開発の支援拡充 自動運転、EV早期普及へ―20年度予算案【JP】

■自動運転バス実験開始、万博に向け夢洲で【JP】

◆軽自動車規格の電気自動車がほぼ登場しないワケ

◆自動運転に対して前向きな考え方を持っているのは「中国人」「若者」「高所得者」、アウディ調査

◆インホイールモーターに欠点はあるのか?インホイールモーターの仕組みや課題を解説

◆「島」ごと自動運転特区に?そうすれば実験場にもショーケースにもなる
■大型トラックの電動化 すでに技術はある、すぐ実行を【US】

■海水由来の低コストでエコな新型バッテリーをIBMが開発、電気自動車の高速充電も実現可能か【US】

■BMWとダイムラー、カーシェアリング事業を縮小【DE】

■政府、EVの経済性に期待 充電設備1万カ所の設置で後押し【IN】

■韓国で配達用ロボットの歩道通行可能に【KR】

■州・連邦直轄地別のEV台数=道路省【IN】

■日産リーフがマイナーチェンジ、プロパイロットやコネクテッド機能を強化【JP】

■ホンダ、初のEVバイク市販【JP】

■自動運転の特区申請を検討 愛知県やソフトバンク、移動サービス実験【JP】

■日産と羽咋市が災害連携協定 電気自動車を活用 停電時に給電【JP】

◆「EVのインテル」狙う日本電産 車部品の系列破壊

◆パナソニックとBYD、バッテリー販売が大幅減-米中のEV需要低迷

■テスラ車載コンピューター、搭載車は2020年に100万台【US】

■米自動車メーカー "EV" "自動運転"へ投資加速【US】

■EVのトラクションモーター駆動に向けたIGBTパワーモジュール、オンセミが発売【US】

■【メルセデスEV第2段】EQAはクロスオーバーに 欧州発売は2020年 EQC/EQBにつづく【DE】

■中国がEVやPHEVなど「新エネルギー車」の割合を60%へ【CN】

■自動運転のオートX、深センでロボタクシー【CN】

■「2030年まで全固体電池は商品化しない」、CATLの真意【CN】

■物品税局、EV蓄電池の保証金制度を計画【TH】

■EVに載ったトヨタの全固体電池、開発に8年、走行試験に成功【JP】

■日産リーフがマイナーチェンジ、プロパイロットやコネクテッド機能を強化【JP】

■築200年の用水で小水力発電 小型EVに活用し地域の課題解決 猿パトロール成果 三重県多気町勢和地区【JP】

■いすゞ自動車がUDトラックス買収へ 事業価値2500億円、ボルボと連携【JP】

■IHI、ドローンから自動運転モビリティへの荷物の無人受け渡しを国内初実現【JP】

■日産と羽咋市が災害連携協定 電気自動車を活用 停電時に給電【JP】

◆逆風EV、エンジンとの決戦は新局面

◆クルマは動く巨大電池? 気候変動で新たな用途を探る三菱自動車

◆日産、移動以外のEV活用で広くデータ収集

◆CASEを見越した再編が加速 2019年の自動車・部品業界

◆EVシフトでモーター技術者は争奪戦へ、日本電産が仕掛けた系列破壊
■MGモーター、印事業に300億ルピー投資【UK】【CN】【IN】

■フェラーリCEO、完全電動スポーツカーを2025年まで延期。「いずれ作るが、まだそのときではない」【IT】

■北京市、乗客を乗せた自動運転車実験を解禁【CN】

■グラブ、現代自と提携で来年からEV配車【SG】【ID】

■EV北汽新能源、上海拿森と戦略提携【CN】

■イスラエルのスタートアップ企業、日野自動車とインホイール・モーターを共同開発【JP】

■2021年11月から「自動ブレーキ」義務化 高齢運転者対策 日本が最も早い導入に【JP】

■トヨタ、自動運転技術「レベル4」の初商品化はMaaS車両で【JP】

■丸紅が自動走行バス実験 中部空港、20年実用化へ【JP】

■トヨタ、「世界から日本橋に人材を」...自動運転ソフト開発のTRI-ADが開所セレモニー【JP】

◆中国 100倍成長のEV市場に異変

◆【タクシーで5割! バスでは9割!!】バッテリーEVが圧倒的に優勢な中国で感じた日本の立ち後れ感

◆「FCVの温暖化防止効果はEVより低い」=調査

◆ハイブリッド、電気自動車、PHV、ディーゼル、FCV、ユーザーの関心が高い次世代自動車はどれ?

●浜松市やスズキなど、自動運転実現へ実証実験【JP】
■公共交通の自動運転に注力するBluespace.aiが約3.8億円調達、行政との話し合いも開始【US】

■FCA、電動化を加速...2020年にグローバル製品開発が新体制へ【IT】

■BMWの最小電動SUVは『iX2』! PHEVとの差別化は...スクープ【IT】

■フォルクスワーゲンは自動運転の電動シャトルを2022年までにカタールに配備【DE】【QA】

■エクストリームE、セネガルで"オーシャンレース"実施へ。ダカールラリーで実走テスト【FR】

■比克電池、開沃汽車から大口受注獲得【CN】

■ホンダ、高速渋滞時に自動運転「レベル3」来夏にも発売 日本勢初目指す【JP】

◆「完全自動運転」化で福祉車両の概念が変わる!高齢者・障がい者の移動の自由が拡大

◆テスラ、車載電子基盤でトヨタやVWを6年以上先行

◆「規制のサンドボックス制度」によって日本でも走り始めた電動キックボード

◆自動車メーカー各社、使用済みEV電池急増期で有効な二次利用スキーム模索

◆米メディアが「レクサスから米国へ~電気自動車はありません!」と論評