※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■クアルコム、路面から電気自動車にワイヤレス充電するシステムの実験を公開【US】

■ドイツポスト、配送車4.7万台をEVに 傘下で生産 【DE】

■ZF、自動運転シティコミューターの合弁事業を立ち上げ【DE】

■【上海モーターショー2017】KOTEI...自動運転レベル3を目指すコンセプトカーや、普及が進む電子ミラーなどを出展【CN】

■燃料電池車の普及進まず 発売2年で1500台弱【JP】

■日独が手を組む「EV急速充電装置」「3D立体デジタル地図」の本気度【JP】

■スバル:開発中のEVは既存車種にシステム搭載-安全性能で勝負【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■独議会、道路交通法を改正...コンチネンタル「完全自動運転へのステップ」【DE】

■韓国で売れた電気自動車、7割が現代「アイオニック」【KR】

■東急不動産とホンダ 電気自動車使い3年間の実証実験 千葉の団地で高齢者の移動支援【JP】

■電気自動車、京大ベンチャーと試作【JP】

■クラウド・車載機器の連携が生む「新・企業相関図」【JP】

■EV化で問われる存在意義、ガソリン車の中核「変速機」【JP】
-ガソリン車の中核部品として進化してきた「変速機」が、パワートレーンのさらなる電動化によってその存在意義が問われる局面に差し掛かっている。電動化の到達点ともいえるEVでは、基本的に変速機が必要ないからだ。

■ジェイテクト、欧州で車駆動部品の開発機能強化 EV普及に対応【JP】
-ジェイテクトは欧州で自動車の駆動部品の開発機能を強化する。約2億円を投じ、ベルギー工場を拡張。駆動用ギアや工作機械の研究開発専用スペースとし、2018年末までに順次稼働する。欧州車の電動化や将来の電気自動車(EV)普及に備え、駆動用部品の提案力を高める。

■自動運転や電気自動車で「中古車業界の流れ変わる」【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■アジアのガソリン需要、電気自動車の普及で早期頭打ちも【SG】

■1140億円調達の中国版テスラ、その侮れない実力【CN】

■マツダRE搭載EV2019年発売【JP】

■安川電機が期待する中国EV市場の"爆発力"【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■エヌビディア、自動運転の主役へ?トヨタやアウディに接近【US】

■テスラ、屋根タイル一体型ソーラーパネルの受注開始...EVも充電【US】

■仏Easymile(イージーマイル)が「全米初」の公道自動運転に採用されたワケ【FR】

■VW ゴルフ のEV、性能強化...最大航続距離は6割増の300kmへ【DE】

■ポルシェが2020年に発売予定のEV、打倒テスラなるか【DE】

■韓国、500世帯以上の団地に電気自動車充電コンセント設置を義務化【KR】

■韓国、人工都市「K-City」で自動運転車の開発を支援へ【KR】

■済州道が電気自動車関連事業を推進...廃バッテリー再使用センター構築【KR】

■EV普及、30年までに燃料費600億ドル削減も【IN】

■モーター4個搭載のEV、台湾XING Mobility社が開発【TW】

■蔚来汽車、ニュルブルクリンクのEV最速記録を更新【CN】

■マヒンドラ、英の電気自動車販売から撤退【IN】

■主要メーカーの自動運転車プロジェクトはどういう動きになっているか?【JP】

■EV充電器付き駐車場をシェア、シェアリングサービス【JP】

■無料貸し出し好評の超小型EV、有料実証実験へ【JP】

■EV充電設備、AIで効率配置 東大が新手法 【JP】

■ルネサスの自動運転を実現する2つの「箱」【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■自動運転システムのnuTonomy社、PSAグループと走行実験【FR】

■セブン、電動トラックでコンビニに配送 まず首都圏などに【JP】

■パナソニックとAZAPA、EVの電費を最大化する「モデルベース開発」に成功【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■アメリカ西海岸発「ゼレクトリック」が製造するEVが美しすぎる!【US】

■あのミニ・モークが電気自動車として復活! 今夏より米国で販売開始【US】

■自動車研究所、EVの技術教育センター開設【TH】

■合衆汽車のEV事業、発改委が承認【CN】

■EV用新型充電器 高速道路への設置広がる【JP】

■日立オートモティブシステムズ、一般道を模した茨城県の模擬市街路で自動運転の課題を検証【JP】

■車部品世界4強、電動・自動運転で覇権争い 中国開拓や提携 【JP】

■自動運転時代、主役交代の足音【JP】

■EV・FCVが富士スバルライン「夏季通行規制」(マイカー規制)の対象外に【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■新車購入予定者の約3割が「電気自動車を買いたい」―中国【CN】

■トヨタ、市場がせかすEVの巻き返し策【JP】

■オート上海2017】トヨタ、"中国製EV"を中国市場で発売すると示唆【JP】

■パナソニック、同社初の車載電池セル中国生産拠点を大連に開所【JP】

■日本はここまで進化! 旧車をEVにコンバート!【JP】

■大阪駅前第3ビルにイタリア製小型電気自動車「BIRO」日本1号店【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■Waymo、米国で自動運転車を貸し出すプログラム【US】

■-40~+150℃で使える全固体2次電池、車載やIoT向け【UK】

■スバルライン、EVや燃料電池車は規制外に【JP

■日産自動 電気自動車を3年間貸与【JP】

■パナソニック、中国の車載電池工場が開所 今年度中に稼働【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■グーグル系、自動運転タクシーの試験サービス 米西部で【US】

■百度、自動運転車向けオープン技術基盤「Apollo」--ソフトや車両、ハードを提供【CN】

■正道集団、シリーズハイブリッド型電気自動車を発表【CN】

■悪路を走れる小型EV、台湾HAHA社が開発【TW】

■自動運転車 全国5か所の道の駅で実証実験へ【JP】

■日産、Mobileyeの自動運転プラットフォームに正式参加――クラウドソースのリアルタイム地図搭載へ【JP】

■日産、「ニスモ」ブランド強化 EVなど世界販売 【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL:
※アーカイブなどは会員専用ページをご参照ください。

■テスラ、世界でEV充電器設置倍増 17年中に1万基【US】
-米テスラは24日、今年中に電気自動車(EV)向けの急速充電器について都市部を中心に年初時点から倍増させ、世界で1万基以上にすると発表した。充電拠点を大型化し、高速道路沿い以外にも増やす。同社は量産モデルEVの今年中の投入を計画しており、販売台数の急増が見込まれることから、インフラ整備を急いでいる。

■米アマゾン、自動運転技術の活用検討 トラックやフォークリフト、配送効率
化【US】
-米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は24日、インターネット通販大手アマゾン・コムが配送効率化に向けて、自動運転技術の活用を検討する専門チームを社内に設けたと報じた。関係者の話としている。

■アップル流「自動運転」は利益優先 車内コンテンツに注力か【US】
-アップルがカリフォルニア州で自動運転車の公道テストに乗り出すことを受け、同社による自動車開発への期待が高まっている。しかし、専門家は「アップルが開発を目指しているのは車本体ではなく、自動運転車に対応したアプリやサービスだ」と指摘する。

■「ロボットカー」は目指さない──Audiが描く自動運転の未来図DE】
-Audiが描くモビリティの未来は人が「移動させられる」のではなく、主体的に自ら「移動する」世界なのである。だからこそ、自動運転とは人が運転から解放されて楽になるものではなく、あくまで「移動の自由」をバックアップするものだ。自動運転のレヴェルが上がっていったとしても、それは変わらないであろう。

■メルセデス・ベンツは電気自動車への移行を加速する【DE】
-メルセデス・ベンツは、既に次の10年以内に10種の新しい電気自動車モデルを投入することを約束していたが、今や少なくともそれを3年早めて、2022迄にその目標を達成しようとしているようだ。メルセデスは電気自走車へのシフトを予想以上に緊急な課題の一つとして捉え、他のメーカーの移行を追うのではなく、むしろ先導したいと考えている。

■Adient社が自動運転車の座席などを披露、中国専用品も【FR】
-「自動運転時代に乗客がよりリッラクスに乗車して、よりコミュニケーションを取りやすいような使い方をイメージして設計した」

■中国がEV主戦場に 上海ショー開幕、強まる環境規制 【CN】
-上海国際自動車ショーが19日、開幕した。ひときわ大きなスポットライトを浴びたのが電気自動車(EV)だ。世界的な環境規制の強まりでEV需要は拡大する見通し。中国ではEVの現地生産が2018年から義務づけられるため、各社は中国でのEV強化策を相次ぎ表明した。最大の自動車市場である中国がEVの主戦場になろうとしている。

■前途汽車、中国系初のスーパーカータイプEVを2017年末に量産【CN】
-中国の前途汽車(QIANTU社)は2017年4月19日、「上海モーターショー2017」(一般公開:4月21~28日)で、中国企業として初のスーパーカータイプの電気自動車「前途K50」の準量産型を展示した。2017年末から蘇州工場で量産して出荷する。価格は70万元(約1120万円、政府補助を利用する前の価格)前後の予定。

■ホンダ、中国でEVを18年発売 現地専用モデル 【JP】
-ホンダは19日、中国で2018年に電気自動車(EV)を発売する方針を明らかにした。ホンダが中国でEVを発売するのは初めて。中国専用モデルのEVを開発する。環境汚染が深刻な中国では、環境負荷が小さいEV普及の機運が高まっている。ホンダは中国市場に合ったEVを投入して、現地需要を開拓する。

■DeNA、横浜で自動運転、市と動物園で実験 【JP】
-横浜市とディー・エヌ・エー(DeNA)はバスの自動運転事業に乗り出す。金沢動物園内で月内に実証実験を行い、2018年度には公道などで実施する計画だ。起伏が多い地形の横浜市は高齢者など「交通弱者」向けに地域交通の需要が大きいが、採算面で課題が多い。自動運転の事業化により、少子高齢化時代に対応した市内交通網の構築につなげる。

■ヤマト運輸とDeNA、自動運転の実験開始【JP】
-ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(=DeNA)は4月17日、神奈川県藤沢市の一部エリアで自動運転技術活用を見据えた次世代物流サービスの実用実験を開始した。宅急便受け取りや仮想モール購入商品についてエリア内での指定場所へ10分刻みの指定時間で専用車両が移動して、顧客が受け取れるオンデマンド配送サービスと買物代行サービスの取り組み。将来の無人による自動運転技術を活用した事業への第1ステップとして来年3月末まで行っていく。

■トヨタ、18輪の大型燃料電池トラックを発表 【JP】
-トヨタは4月19日水曜日(現地時間)、ロサンゼルス港で貨物の運搬に使用する巨大な燃料電池トラックを発表した。この18輪の大型燃料電池トラックは、燃料電池技術が大型商用車に応用できるか否かを検証する大掛かりな実証実験の一部となる。

■自動運転レベル3、保険による補償があれば「利用したい」が75%【JP】
-調査結果によると、緊急時以外は自動走行する自動運転レベル3の利用意向について、保険による補償があることを前提とすれば75%が「利用したい」と回答した。保険がない場合の利用意向は28%にとどまる。

■ドローンと自動運転車が連携し、有線給電で長時間巡視。エアロセンスとZMP【JP】

※会員専用ページでは、媒体名、アブストラクト、URL、シンポジウムの情報、
アーカイブなどについても提供しています。

会員専用ページログインURL: