■フォード、二足歩行ロボと自動運転車で「完全無人宅配」実験【US】

■ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に【DE】

■スタートアップ大国イスラエル MaaSでの注目は?【IL】

■ルノー、FCAとの統合案協議へ 27日に取締役会【FR】

■フィリピン、現代の工場を誘致 韓国とEV分野で提携機運【PH】

■ケララ州、電気バス1500台調達で入札【IN】

■トヨタが電気自動車へ本格始動 2020年代前半に10車種以上を展開【JP】

■EV化で売り上げ減半数 埼玉県内の中小製造業が予測【JP】

◆なぜ日本の「自動運転」は遅れているのか

◆BYDが日本で成功、その決め手となったのは何か?―中国メディア

●トヨタ、東大とTRENDEとともにブロックチェーン活用のP2P電力取引の実証実験を実施【JP】

■BMW 3シリーズ 新型にPHV、EVモードは66kmに...7月欧州発売へ【DE】

■ノルウェーで2019年4月期の全車種売上で純電気自動車がトップ7独占【SE】

■京セラとBYDジャパン、太陽光発電とEVバスによる再エネ「需給一体型モデル」で協業開始【JP】

■配送にEV、ヤマトの機略 独スタートアップと共同で【JP】

■自動運転車は「光」で語る 路面にも投影【JP】

■ホンダの新型EV『ホンダe』、予約を欧州で開始...2020年春から納車開始へ【JP】

■ホンダ、3輪EVのパーソナルモビリティ「ESMO Concept」世界初公開【JP】

■米ホンダ、フィット EV の使用済みバッテリーを再利用へ...電力網に組み込む【JP】

■次世代自動車 購入に補助金 埼玉県富士見市【JP】

◆日本の自動車メーカーはEVに力を入れていないように見える、一体なぜ?=中国

◆中国シフトで加速度的に進む電気自動車化とクルマの未来

◆エレベーター(EV)のようなEVを目指してされたヤマハYG-M-FC...人とくるまのテクノロジー2019

■ELECTRIFY AMERICAが電気自動車用の新しい充電料金とモバイルアプリを発表【US】

■ルノー、ラストマイル配達想定の小型EV発表...航続150km【FR】

■VW、新開発の自動運転システムを発表...レベル3/4に対応【DE】

■自動運転トラック、公道での試験運用始まる スウェーデン【SE】

■韓国2大巨頭のヒュンダイとキアが、EVハイパーカー企業『リマック』に共同出資【CN】

■ホンダ・GM、次世代送電網使ったEV普及研究【JP】

◆自動運転時代に有人オペレーションの必要性が高まるという不思議

◆エンジン車とEV、環境で利点変化 マツダが工学院大学とCO2排出量比較

◆「電気自動車用充電設備 (EVSE) の世界市場の動向・予測 ~2027年:レベル1・レベル2・レベル3」

◆シトロエンCEO「2025年までに全車種EV/PHV化」宣言 ── 仏メーカーとMaaSのリアルな未来

■EVの「充電ステーション」として機能する道路【US】

■BMWグループ、新型EVを5車種発売へ...2021年までに【DE】

■ボルボ CATL(中国)・LG化学(韓国)とリチウムイオン・バッテリーの長期供給契約締結【SW】

■ルノーの自動運転EV、スーパーカードア採用...スマホで予約のライドシェア実験へ【FR】

■運転席すらない自動運転トラックT-Pod、スウェーデンで公道試験開始。2020年には米国にも進出計画【SW】

■EVの主戦場となる中国、来年の販売台数200万台に【CN】

■高速道の自動運転、20年実現へ前進 改正法が成立【JP】

■日産、「スカイライン」に新型自動運転術 今秋めど【JP】

◆自動運転、過疎地の切り札は「ゴルフカート」

◆今、中国の電気自動車がアツい!?──オート上海のスタートアップEVメーカーたち

●高齢者の足にEVバス試行 仙台・泉パークタウンで実証実験へ【JP】

■Teslaが「完全自動運転化」うたう車載コンピューター、異を唱えるNVIDIA【US】

■ドイツ車、EVにアクセル踏み込む VW、電池も自社生産【DE】

◆「自動運転車を作ってハイ終わり、ではない」スペシャリストが語る未来のモビリティ社会
■EV充電ステーションのEVgo、供給電力に100%再生エネを活用へ【US】

■【BMW i4(BEVシリーズ)2021年発売を表明 本格的EV時代が迫っている【DE】

■ZF、自動運転の開発を促進---乗員認識システム技術企業を買収へ【DE】

■ビングループ、環境改善を目指しEVバスサービス提供へ【VN】

■EV・PHVと住宅の双方向で給電 デンソーが装置を発売【JP】

■自動運転業界マップ「2019年春 最新版」をリリース 全182企業・機関・ファンドを掲載【JP】

■高速バス大手ウィラー、今秋にも国内で自動運転実験【JP】

■低速自動運転を"商品レベル"で実現へ、ヤマハ発動機とDMPがAIで資本提携 【JP】

◆昭和最後の年に「EV世界一」宣言、日本はどこで間違った?

◆「ACEA、欧州市場での電気自動車シェアと所得水準の相関性指摘

◆Global Electric Driveトラック市場2019

◆世界の電気自動車用バッテリー市場シェア2019

◆電気自動車用急速充電システムの世界市場 - 分析と予測:電気小型自動車急速充電システム・電気バス急速充電システム (2018-2028年)

◆自動運転車市場、2030年に約8250万台規模へ
■マツダが「ロータリーEV」の投入延期、コスト面に壁【JP】

■ティアフォー、ROS 2の開発チームに加盟 自動運転で貢献へ【JP】

◆ドイツ政府に「CO2大幅削減」を押し付けられた自動車業界の悲劇

◆【ナビガントリサーチ 調査報告】世界の電気自動車充電機器市場分析と予測

◆自動運転半導体、「ドヤ顔」テスラと焦るエヌビディア
■米リフト、グーグル系の自動運転車を導入 まず10台配備【US】

■GM工場「売却して電動トラックを生産」トランプ氏明かす【US】

■EVトラック用の「eハイウエー」、ドイツで運用開始【DE】

■VWの新型EV、3万ユーロ以下で販売 名称は「ID.3」【DE】

■メルセデスベンツ初の市販EV『EQC』、受注を欧州で開始...7万1281ユーロから【DE】

■ガソリン車、30年に全面禁止=市民の寿命「3カ月長く」-アムステルダム【NL】

■世界で最も自動運転車の社会実装を進めている会社は、意外な中国企業【CN】

■EV拡大へ中国の参加歓迎 インド政府政策提言機関【IN】

■完全自動運転車が安全に走行できるタイヤ、住友ゴムと群馬大が共同研究を開始【JP】

■中国有力EVバイトン、第一汽車が追加出資【JP】

◆自動運転システムの世界市場に関する調査を実施

◆自動運転の荒波へ トヨタ、問われる「CASE」戦略
■LA市長、2050年までに「完全EV化」ガソリン車追放を宣言【US】

■リフトとウェイモ、自動運転タクシー提供へ 米アリゾナ州【US】

■GM系の自動運転開発会社、1270億円を調達【US】

■テスラ、市販EVの最長航続距離の記録をまた塗り替える【US】

■中国BYD、EV販売好調 1~3月2.5倍に【CN】

■タタ名誉会長、配車オラのEV新会社に出資【IN】

■日東工業、EV・PHEV用充電機器を発売【JP】

■トヨタ、自動運転・ロボ向けファンド 米で1億ドル規模【JP】

●相鉄バスと群馬大学が大型バスの自動運転に関する共同研究契約を締結【JP】

●LIDARレスで高精度に位置推定、NTTが自動運転の常識覆す【JP】

◆フォルクスワーゲンが調査。電気自動車はCO2排出量が圧倒的に少なくなる可能性がある!

◆電気自動車が長年の「三重苦」を克服! それでも欧米ではシティコミューターの域を脱しないワケ

◆実用化に至らない自動運転 レベル3の難しさはどこにある?【JP】
■自動運転装備に安全基準 レベル3、4対応義務付け【JP】

●電気自動車の実証試験事業を実施へ【LA】

●「中国版ウェイモ」と呼ばれる自動運転企業、Pony.aiの技術力【CN】

◆インドでの電気自動車の普及は、バッテリー交換式の「オートリキシャ」が牽引する

◆トヨタが中国で「新興EVメーカー」と組んだ事情

◆"電動小車"が流行る? EV狂想曲の上海モーターショーで垣間見えたこと