■Waymoの大きな一歩。カリフォルニアで自動運転タクシーのテスト・プログラム参加資格を取得【US】

■欧州、自動車再編の震源に 環境規制、罰金4兆円試算も【EU】

■ノルウェーの電気自動車(EV)シェア率が約50%に!【NO】

■BMWとダイムラーが自動運転で提携、2024年までの実装目指す【TC】

◆電動SUVレース『エクストリームE』のベース車両プロトタイプ公開【FR】

■百度、北京初のT4級自動運転テスト用ナンバープレートを取得―中国【CN】

■中国の百度、自動運転でトヨタや吉利と提携【CN】

■ホンダ、高齢者ら向け超小型EV開発=自動運転、手放しで車線変更も【JP】

■「伊豆MaaS」実験、3カ月で2万人超が利用【JP】

■日産のEV購入で電気安く、大阪市で説明会【JP】

■みんなのタクシー、MaaSを推進する2団体への参画を同時発表!MONETコンソーシアムとスマートモビリティチャレンジ推進協議会【JP】

■北海道でEVを普及させよう。北海道電力とベンチャーがEVスタンドの基盤整備へ【JP】

■トヨタ、中国にEV新工場 広州、天津に22年めど【JP】

■太陽電池で約860Wの定格発電電力を実現する「プリウス PHV」実証車。NEDO、シャープ、トヨタが公道走行実証開始【JP】

■スバル初のPHEV、トヨタ「カムリ」のモーター採用【JP】

■ADIVA、開閉式ルーフ付きEVスクーター「AD-4」を限定発【JP】

◆レベル2の次はレベル4が妥当! 日本政府が進めるレベル3自動運転の法整備に隠れた危険とは

◆自動車6社のBEV連合誕生で加速する、次世代電動化技術の行方

■実験ではなく実運用、自動運転バスが原発廃炉の作業員を運ぶ

◆消費者は自家用車の所有にこだわり、ライドシェア利用は2年間で減少

◆競争は30年、全固体電池で先行

◆自動運転技術への信頼度、中国が最高 デロイト調査 

◆タイ初のEVメーカーが挑む「アジアのテスラ」への道

●MaaSアプリの実証実験へ---京阪バスや日本ユニシスが大津市で【JP】

■フロリダ州で無人自動運転車の合法化が決まる【US】

■フィアット商用車が初のEV、顧客に合わせて仕様変更【IT】

■独コンチネンタル、30年までにエンジン開発打ち切り 2万5千人転換【DE】

■中国EV市場を襲う「2020年」問題、補助金カットで業界再編へ【CN】

■MGモーター、インドでEV充電設備を整備【CN】

■スピード抑えた小型EV、経済産業省が試乗会【JP】

■ティアフォー、シリーズA累計113億円の資金調達 自動運転を商用化へ【JP】

■トヨタ、燃料電池車を来年増産 「次期ミライ」10倍の月3000台【JP】

◆自動運転車、"脳"を積まない「遠隔型」が最有力? 鍵は通信技術

■VW、2035年に中国販売の半分をEVに【DE】

■百度、北京市初の自動運転「T4」免許取得【CN】

■仏山市に複合型ガソリンスタンド、全国初【CN】

■ジェイテクト、CASE対応の最新技術公開【JP】

■三菱総研、利用者目線で10年後の自動運転時代を予測する懇談会を設立【JP】

◆パナ、苦しい車載電池 パネルの「二の舞い」回避なるか

◆ヤマハ発動機、初の電池「交換式」EVスクーター OEMで"本気度"見えず
■7月1日より欧州の新型電気自動車に接近通報装置が義務づけ。歩行者保護、19km/h以下で作動【DE】

■フォルクスワーゲンがベルリンで完全電気自動車のシェアリングサービス「WeShare」を開始【DE】

■恒大国能新能源、量産1号車をラインオフ【CN】

■電気自動車タクシーが運転手の間で人気、8年待ちも 北京【CN】

■北陸電力と富山市、SDGs推進へ協定/地域の課題を共に解決【JP】

■聖火リレー先導、トヨタ先端EV 自動運転、AI搭載【JP】

■九電が大分支社でEVシェア 普及へ日産と連携【JP】

■自動運転に対応した道路空間とは? 国土交通省が検討会設置【JP】

■自動運転車の車庫入れ実験に成功 新明和工業と群馬大学【JP】

■つくばスマートシティ協議会を設立しました【JP】

◆クリーンなはずの「電気バス」は、なぜ世界を席巻しないのか? その理由を考える

◆2022年までにEVの生産コストはエンジン車を下回るというフォルクスワーゲンの主張

◆移動を自由に スマホでGO 北欧MaaSの実力

◆迫るCO2規制で本気を出したメルセデスの高級EV「EQC」はテスラに勝てるか

◆日本が間もなく水素電池車を量産・・・われわれの方向性は間違っていた?=中国メディア
■VWのEVだけのカーシェア、車両は ゴルフ など2000台...サービスをドイツで開始【DE】

■太陽光発電だけで走れる電気自動車-Lightyearの「Lightyear One」【DE】

■EV、HVを重視 製造業開発で日イ合意【ID】

■ヤマハが台湾で電動スクーター[EC-05]を発売! ベースはGogoroの市販車【JP】

■マツダなど5社、トヨタとSBの移動サービス会社に約2%ずつ出資【JP】

■良品計画デザインのバス、アジア展開へ フィンランドで公道運転開始【JP】

◆「LSEV」こそEVの本命、トヨタの電動化戦略の"裏"を読む

◆まるで電池版エアバス構想 EV主導権狙う欧州 仏が仕掛ける野望

●低速自動運転車両、ヤマハ発動機が実証実験 7月より磐田市で【JP】

●ハンドルのないバス、公道を自律走行 7月3日より東京イタリア街で【JP】

●自動運転バス、県内初の実験開始 桑名で30日まで【JP】
■テスラ、独自の高性能EVバッテリー開発に着手か。パナソニック依存見直しへ【US】

■Apple、自動運転ベンチャー「Drive.ai」を買収【US】

■BMWの最新PHV、電動車専用ゾーンを認識して自動的にEVモードに切り替え...2020年から【DE】

■中国新興の有力EVメーカーNIO、4800台リコール【CN】

■トヨタ、百度の自動運転連合に参画 中国での開発加速【JP】

■トヨタ、インドネシアに4年間で20億ドル投資 EV推進へ【JP】

■日産と東風、中国配車の滴滴と協議 車両管理の合弁設立へ【JP】

◆北米トヨタ、「EVのバリューチェーンを生かした協業を」

●中型自動運転バスの実証実験を実施へ、参加事業者を公募【JP】

●つくばにおいて次世代モビリティの社会実装によりスマートシティを目指します【JP】

●運転手いない車でバス停に 常陸太田で実証実験【JP】

●SBドライブ、公道でハンドルがないバス「NAVYA ARMA」の自律走行に向けた実証実験を開始【JP】
■米アップル、自動運転ベンチャーを買収【US】

■航続725kmのソーラーEV「Lightyear One」発表。太陽電池搭載で1時間あたり最大12km航続距離延長【NL】

■電気自動車のフォーミュラカーレース、ベルンで開催【CH】

■imec、エネルギー密度2倍の全固体電池を開発【NL】

■タイムズカーシェア、EV100台導入 EVシフトの動きに対応【JP】

◆EV普及本格化、東南アは25年以降

◆中国EV業界が進む新たな道
■フォード傘下のArgo AI、走行データ・高精細地図「Argoverse」を研究者へ無償提供【US】

■2030年までに乗用車・商用車(バン)の新車販売を全てEV化 【IE】

■独BMW、電動車投入計画を2年前倒し 【DE】

■独ボッシュ、電動化部品事業を拡大 商用車EV向け提案【DE】

■現代自動車、シンガポールにアイオニック2000台を供給【KR】

■産業訓練校にEV技術者講座、当局が開設【IN】

■e-Gleと中国中車グループと、EV用インホイールモーター生産で提携合意【JP】

■高速道路での完全自動運転実現、「2025年目途」と明記 交通政策白書が閣議決定【JP】

■自動運転 ティアフォー や シェアリング akippa など、スタートアップを支援【JP】

■サンデンが中国で電気自動車向けヒートポンプシステムを本格展開【JP】

◆5分弱で80%の充電可能! ガソリン車のように使える欧州EVの流れは環境無視の本末転倒

◆どうなる日本のMaaS 幅広い業界に広がりが

◆7割以上が"自分で運転したい" 自動運転のクルマに乗り換えない理由とは

●傾斜部をヤマハ発の自動運転車が毎日運行 自動運転サービスの事業化に向けた実証実験 茨城県太田市で【JP】

■UL、eモビリティの普及に貢献【US】

■VWの新型EV『ID.3』、欧州先行受注が2万1000台突破...予約開始1か月で【DE】

■プジョー 2008 新型にEV、『e-2008』...航続最大430km【IT】

■EVの販売台数、前年から27%増、2019年から急速な拡大を予測【FR】

■恒大集団、広州に2兆5,000億円投資、新エネ車生産100万台を目指す【CN】

■「2030年まで全固体電池は商品化しない」、CATLの真意【CN】

■中国MGのEV「ZS」、価格119万バーツ【TH】

■LRT ごみ発電で運行 宇都宮市、22年開業へ新電力会社 【JP】

■日産とルノー、自動運転分野でグーグル系ウェイモと独占契約【JP】

■新温泉町 超小型EV、公用車に 観光向け追加も【JP】

■次世代のアイスクリーム販売車はEV...冷凍装置の駆動で排ガスを出さない 日産 e-NV200 ベース【JP】

◆日・中・欧、小型EVを比較すると、それぞれの自動車づくりの理念が見えてくる

◆普及を妨げる最大の障壁は?ニッポンのEVと、EV事業のこれからを考える

◆ファーウェイの次は"クルマ"が危うい、中国コネクテッドカー構想が米につぶされる

◆欧州狙うEV主導権 仏が仕掛ける野望

◆日本のタクシーはジャパンタクシーだらけになるのか?

◆Uber、LyftのIPO自動車産業に迫る変革の波

◆予想以上に急速にくるEV時代 ガソリンスタンド半減、電気に頼る過疎地

●自動運転6カ月実証実験、福井 期間国内最長

■ドミノピザがNuroと自動運転による宅配で協力【US】

■電気自動車イノベーションセンターを新設=米ロックウェル〔BW〕【US】

■テスラ、アジア事業を再編へ 中国市場に軸足【US】

■中国全土にNEV都市 20カ所以上・計3.2兆円投資 国際主導権狙う【CN】

■新規ダム案件を見直し、電力需給バランス調査へ【LA】

■スマートフォンベースの自動運転プラットフォーム、VIAが開発・デモ【TW】

■鄭州市で自動運転ミニバスの試験運行始まる【CN】

■EVバスで熊本城周遊 市が導入、12月から運行【JP】

■ルノー日産がウェイモと「独占契約」、まずは日本とフランスから無人運転サービス【JP】

■英国Mobility x Energy スタートアップConnected Energy社への出資について【JP】

●茨城・常陸太田で自動運転実験 路線バスと接続【JP】

●愛知県、空港島など3カ所で自動運転実証【JP】